緊急避妊(アフターピル)

性交後72時間以内なら、97%の確率です。問診だけで処方ができます。
ピルを使用するヤッペ法は副作用が多く、半分の人が気持ちが悪くなり、20%近くの人が吐いてしまいます。その他、1%の割合で頭痛、腹痛があり2〜3日続きます。
繰り返し緊急避妊をすることはお勧めしません。あくまでも中絶手術を防ぐための手段です。3週間以内に生理が来ないときは妊娠検査が必要です。

緊急避妊薬「ノルレボ錠」が発売になりました。
今までは、ピルを代用してきましたが、正式に認可された薬です。ピルに比べて副作用があまりなく、1回の内服で済みます。
問題は値段が異常に高いということです、避妊効果はあまり変わらないようです。
ヤッペ法、ノルレボ錠共に、効果については残念ながら100%では無く約97%です。緊急避妊は一時的な避妊で、より確実に避妊をするにはピルを継続して服用する必要があります。

ヤッペ法(プラノバール)

性交渉の機会をもってから72時間以内に2錠を服用します。12時間後に更に2錠服用します。
費用 6,000円(税別)/6,480円(税込)

ノルレボ錠

プラノバールに比べ副作用が非常に少なく、1回の内服ですむ薬ですが、ヤッペ法と比べ値段が高いのが難点と言えます。
費用 9,260円(税別)/10,000円(税込)